私は大学生の頃、大事な友人との飲み会に参加するお金がなかったため学生ローンでキャッシングをしてしまいました。初めての利用ということもあり、初めは恐怖心でいっぱいでしたが簡単な手続きのみで簡単に借りられることが出来、借りるのってこんなに簡単なんだなぁと思いました。

最初の融資額は1万円で、毎月千円ずつ支払いをしなんとか完済したのを覚えています。しかし、次に再び金欠になった時借りた額は10万円でした。

この辺りからどんどん金銭感覚が狂っていくのが自分でもわかり、だんだん危機感も薄れてきてしまいました。

10万円を借りても毎月の利子分はわずかなものなので、それさえ返していれば特に催促されることも無いので最低限の返済しかしていなかったのを覚えています。

そして額はどんどん増えていき、15万、20万、25万、しまいには30万ほどのキャッシングをしてしまいました。

毎月の返済額も利子分だけで5000円ほどになってしまい段々と返済に遅れも生じてきました。

挙げ句の果てには返済不可能と自分自身で判断をし、親に泣き寝入りをしなんとか一括で返済をしてもらいました。

これ以来お金は借りない、自分の稼ぎ以上は使わないと心に決めました。