急な出費などでお金が必要になったとき、キャッシングやカードローンを利用する方は多いと思います。手軽に借りることのできるのでとても便利なのですが、キャッシングやカードローンをする時はしっかりと返済額のシュミレーションを行わなくてはなりません。

返済をする時に早く返した方が利息も増えないので、月々の返済額をできるだけ多くしたいですよね。大体これくらいなら大丈夫という金額を設定し、支払い金額や回数を決めると思います。この時に気をつけたいのが、急な出費はいつあるかわからないということです。支払えるギリギリの額で返済計画を立てると、他で急にお金が必要になったときにそちらを支払うことが難しくなってきます。ローンを返す為にまたローンをするというのは本末転倒です。キャッシングやカードローンをする時には、急な出費に対応できるようなある程度の余力を残して、支払い金額を決めることが重要です。

何かあったときに対応できるよう月々の返済額を低めに設定して、もしお金に余裕が出た場合はその分を繰り上げ返済に回すようにすると、支払い回数も減らすことができ、将来的に払わなければならない利息も少なくなります。お金を借りるときは漠然とではなく、しっかりと計画を立ててから借りるようにしたいですね。